ALOSCOPE

DAZ Studioとか3DCGについてのブログです。DAZ Studioの使い方を覚えながら撮影した画像を掲載しています。

DAZ Studio

自作髪作成メモ【カラーバリエーション編】

投稿日:

作成中の自作髪ですが、モーフの作成は一旦置いておいて、異なるカラーバリエーションの髪テクスチャを作成しました。
ベースの髪テクスチャをPhotoshopで色相や彩度を変えてます。

ただ、金髪のテクスチャだけは、なかなか自然な感じにできず、何度も修正してはDAZ Studioで確認という作業を繰り返してました。
今回はモデルとして、最近出番のなかったRyokoを使ってみました。


こちらがベースの髪色です。髪色はブラウンといったところでしょうか。
ちなみに自作モーフでセミロングのような感じにしてます。
比較のため、以下の画像は髪色だけ変えてレンダリングしています。


少し明るくしていますが、違いがあまりないかもしれません。
ライトブラウンのつもりで作ったんですが、もっと明るくして違いを出した方がいいかも。


こちらはダークブラウン。


こちらはブラック。あまりブラックすぎると違和感があったので、わずかにブラウンが入ってます。


最後にブロンド。この金髪がなかなか作れないでいました。
金髪だと髪色が明るいせいで、影の部分が目立ってしまい、髪型の粗が目立ってしまうという難点がありますね。。

そもそも日本人キャラに似合う髪型として作っているので、金髪はあまり使いどころがないかもしれません。
日本人顔に金髪っていうと、「きゃりーぱみゅぱみゅ」みたいな感じでしょうか。
そういうキャラを作りたい場合にはいいかもしれませんが。

これでだいたい必要なものは作り終えたので、あとはモーフを増やして細かい調整とかで終わりそうです。
なんとか三連休中には完成させたいですね。

ではでは。

-DAZ Studio

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Rina for Genesis 3 完成!! しかし…

いやはや、長いことブログを放置してしまっておりました……。
キャラの作成は引き続き進めてはいたんですが、お盆休みあたりに心境の変化があったりして、ブログの更新まで手が回りませんでした–;

複数のキャラを融合させてみたら……

Ronya を弄って日本人キャラを作るつもりだったんですが、他のキャラのモーフを混ぜ合わせてみたら、わりと簡単に良い感じのキャラが作れました。

Blender を使った髪型作成メモ

今回は備忘録がてら、髪型作成の方法を簡単にご紹介します。
私は髪型作成にBlenderを使用していますので、Blenderを使った場合の説明となります。

Ryoko をサンスカイライトで撮影

前回の記事でご紹介した Ryoko ですが、ライティングのせいか肌がマットな感じに見えたので、サンスカイライトで撮影してみました。

肌に光沢を出すためにシェーダーを調整

前回までの記事で掲載していた Ryoko ですが、肌がマットかな感じだったので、もう少し肌に艶というか光沢を出せないものかと思っていました。
シェーダーをいろいろと弄っていたら、肌に光沢を出す方法がある程度わかってきました。