ALOSCOPE

DAZ Studioとか3DCGについてのブログです。DAZ Studioの使い方を覚えながら撮影した画像を掲載しています。

DAZ Studio

新キャラで髪型あれこれ

投稿日:2017年8月8日 更新日:

Reina を修正して出来た新キャラである Rina ですが、自作髪以外は似合わないと思っていたんですが、そんなことはなかったみたいです。

それどころか、むしろ・・・・・・。
なんというか、自作髪にこだわり過ぎていたのかもしれません。

最近購入した髪もありますが、持っている髪形を使っていろいろと撮影してみました。

まずは、「Spring Hair」です。

「Spring Hair」はマテリアルがIray用ではないようなので、ちょこっとだけシェーダーを弄ってます。
カスタムモーフでスタイルをけっこう弄れるのが良いです。

次は、「Long Shag Hair」です。

Kobamaxさんのブログで紹介されていて気になってたんですが、安かったので購入してしまいました。(プラチナムクラブ加入で4.99$)
見ようによっては歌舞伎を彷彿とさせるような、かなりボリュームのある髪型ですが、これはこれで悪くないですね。

こちらは「Radiant Jaguar Hair」です。

こちらもマテリアルがIray用ではないため、質感がちょっとアレですが、髪型の造形としては良い感じですね。

こちらは Victoria 7 Pro Bundle を買ったときについてたものです。

あんまり似合わないと思ってたんですが、意外と良いかもしれません(^^)

こちらは「Super Sleeky Hair」です。

outoftouchさんの髪ですが、さすがにリアルさは群を抜いてますね。

最後は、「Ronya Hair」です。

やはり「Ronya Hair」が一番しっくりくる気がします。

これまでは自作髪一辺倒でしたが、髪型によって印象が全然変わってきますね〜
ライティングとか表情の付け方でもかなり変わるんですが、やはり髪は重要ですね。

とうことで、自作髪がなくても大丈夫そうなので、スキンのマテリアルを揃えればキャラとして販売はできそうです。

ちなみに、Reina もそうですが、Rina は日本人のつもりで作ったんですが、純粋な日本人といった感じではないですね。
外人っぽさが抜けないというか……。

なので、純粋な日本人ではなく、ハーフという設定にしておきます。
中途半端な気もしますが、芸能人にもハーフが多いですし、そもそも美人顔の特徴というのは、白人顔の特徴そのものだったりします。

純粋な日本人顔で、かつ美人を作るというのは難しいのかもしれませんが、次にキャラを作るときはそれに挑戦してみたいと思います。

ではでは。

-DAZ Studio

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自作髪作成メモ【モーフ作成編】

作成中の自作髪ですが、DAZ Studio 上で思ったように反映されなかったりして、いろいろとハマッていたんですが、ようやくベースの髪型はほぼ完成したと言っていいでしょう。

自作髪をDAZ Studioに登録する方法

今までDAZ Studio にインポートした自作髪はシーンサブセットとして登録していたんですが、購入した髪型と同じように登録するにはどうしたらいいのか調べてみました。

Genesis 3 Female から日本人キャラを作成

自作髪型は引き続き修正中なんですが、並行して新しいオリジナルキャラを作成してます。
Ryokoのような複数キャラの合成ではなく、単一のベースフィギュアからモーフを弄って日本人の女の子キャラを誕生させるべく、モーフをいろいろと弄っておりました。

複数のキャラを融合させてみたら……

Ronya を弄って日本人キャラを作るつもりだったんですが、他のキャラのモーフを混ぜ合わせてみたら、わりと簡単に良い感じのキャラが作れました。

Blender を使った髪型作成メモ

今回は備忘録がてら、髪型作成の方法を簡単にご紹介します。
私は髪型作成にBlenderを使用していますので、Blenderを使った場合の説明となります。