ALOSCOPE

DAZ Studioとか3DCGについてのブログです。DAZ Studioの使い方を覚えながら撮影した画像を掲載しています。

DAZ Studio

Skin Builder 3 でメイクアップ

投稿日:

これまで、Rina や Reina に使っていたスキンは Skin Builder 3 で作成したものですが、ずっとすっぴん状態でした。
一度試しに化粧を施した状態のスキンを作ったこともあったのですが、あまり良い感じにできなかったので。。。

キャラを販売するとなれば、メイクアップしたスキンも必要になってくるかと思うので、この度、化粧に再挑戦することにしました。
ここ数日で何パターンかのスキンを作りました。

↓すっぴん状態

↓ちょっと濃い目のメイク

どうもアイラインが濃すぎたようで、なんというかギャルっぽい感じになってしまいました。

そう思って全体的にちょっと薄めのメイクにしてみたのがこちら。

もうひとつ薄めのメイクの別バージョン。

といった感じで化粧のありなし、濃さなどによって印象がかなり変わることがわかるかと思います。
最後の二枚の違いはちょっとわかりにくいですが。。。

以上のメイクアップしたスキンを使って、これまでに作ったシーンを再利用して何枚か撮影してみました。

こちらは濃い目の化粧。

以下は薄めの化粧。

髪型によって合う合わないはあるかと思いますが、全体的に化粧は薄めのほうがナチュラルメイクっぽくて良い感じに見える気がします。

一番重要になってくるのはアイラインの濃さでしょうか。
アイラインの濃さが少し違うだけでかなり印象が変わってくるので。

アイシャドウとの組み合わせでも目の印象が違ってくると思うので、もう少しいろいろと試してみたいと思ってます。

ではでは。

-DAZ Studio

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Ronya でライティングテスト

DAZ Studio はデフォルトでカメラライトがついているので、とくにライトを設置しなくてもけっこう綺麗にレンダリングできます。

自作髪のモーフを作成

自作髪でモーフを作成する方法を調べてみたんですが、とくに見当たらず・・・・・・。
フィギュアの自作モーフの作成方法はわかっていたので、同じ方法でいけるか試してみたら、ちゃんと反映されました。

自作髪をDAZ Studioに登録する方法

今までDAZ Studio にインポートした自作髪はシーンサブセットとして登録していたんですが、購入した髪型と同じように登録するにはどうしたらいいのか調べてみました。

髪の毛テスト

前回の記事で移植した自作髪型をご紹介しましたが、そのままでは板っぽい感じでした。。。
幸い、これまでに作った髪テクスチャで使えそうなものがあったので、いろいろと試しています。

Ryoko を少しだけ修正

Ryoko の鼻の頭が丸いな~とか、ちょっと気なる部分があったので、少しばかり修正しました。