ALOSCOPE

DAZ Studioとか3DCGについてのブログです。DAZ Studioの使い方を覚えながら撮影した画像を掲載しています。

DAZ Studio

肌に光沢を出すためにシェーダーを調整

投稿日:

前回までの記事で掲載していた Ryoko ですが、肌がマットかな感じだったので、もう少し肌に艶というか光沢を出せないものかと思っていました。

シェーダーをいろいろと弄っていたら、肌に光沢を出す方法がある程度わかってきました。

使用するマテリアルによって設定できる項目や設定による見た目が異なってくるのですが、今回は例として、Victoria 7 の Iray用スキンを使った設定例をご紹介します。
ちなみに、Iray用のマテリアルを使わないと、今回ご紹介する設定項目は表示されないのでご承知おきください。
また、Iray用の設定項目になるため、プレビューをIrayにして確認しながら調整することになります。

デフォルトの状態がこちら。

調整後がこちら。

設定方法ですが、「Surfaces」タブで「Skin」または「Skin-Lips-Nails」を選択。
(キャラごと選択してしまうと、目とかも設定が変わってしまうので注意)

「Top Coat」のパラメータを触るんですが、主に触ることになるのは赤枠の中。
ちなみに「Top Coat」というのは、車のペンキやニスのように光沢のある層を追加するものです。
肌に使うことで、光沢を出すことができます。

詳しいことはDAZ3DのDocumentation Centerに書いてありますので、英語ですが参考にしてみてください。

今回変更したのは以下の項目です。
・「Top Coat Layering Mode」を「Weighted」に変更
・「Top Coat Weight」を 0.25 に変更
・「Top Coat Roughness」を 0.5 に変更

「Top Coat Layering Mode」は「Fresnel」(フレネルレンズ)にしてもいいかもしれません。
「Fresnel」は、設定値によっては薄い水層や水の油膜のように見えるといった説明が書いてありましたが、今回は「Weighted」の方が自然に見えたので、「Weighted」にしています。

以上の設定方法以外にも、Specular や Glossiness の値を変更したりもしましたが、そちらはあまく上手くいきませんでした。

ということで、肌に光沢を出す方法もわかったことなので、Ryoko の肌のシェーダーを弄ってみました。

変更前がこちら。

調整後がこちら。

ちょっとテカリすぎている気もしますが、マットな感じだった肌に光沢が出ました。
Ryoko の肌には Growing Up Skin を使っておりまして、こちらはもともと Victoria などのスキンよりもマットな感じなので、潤いのある瑞々しい肌という感じにはなりませんでしたが、調整次第ではもっと良い感じになるかもしれません。

Irayのプレビューで確認しながら試行錯誤でシェーダーを弄るのはけっこう根気のいる作業ですね^^;
設定を変更してから画面に反映するのにタイムラグがあるので・・・・・・。

ではでは。

-DAZ Studio

執筆者:


  1. Nocky より:

    お久しぶりです。
    早速覗きに来ました。

    ひゃー、これは相当な沼ですね。
    金を入れるたびにキャラが良くなって行くという……。
    しかし、やっぱレンダリングは時間取られるんですね。
    まあ、昔は1日経っても終わらない世界でしたけどw

    • ALOS-78 より:

      どうもどうも、いらっしゃいませ。
      本格的にやり始めるとどうしてもお金はかかりますね〜
      さすがにマシンを買い換えるだけの余裕はありませんが^^;

      ある程度第7世代のアイテムを揃えたところで、つい先日第8世代がリリースされました。。
      今のところは様子見で手を出すつもりはないですが。

      レンダリングは「3Delight」だと早いんですが、「Iray」だと時間かかりますね。
      今はいろいろとお試しでやっているので、20〜30分くらいの品質で留めています。

      また良かったら覗いてやってください〜

  2. RLA より:

    もう十分を遥に超えて用意周到に人を確実に泥沼に貶めるだけの材料が整っとるやないかい(笑)
    最初から途中まで読んでて、動物的な勘で素直にコレはヤバイと感じてもたがな ^^;
    勘違いしなや、それほど魅力的ちゅうこっちゃ w

    とにかく新ブログ開設オメデトウさん!!!!!!
    またエロイロおせーてや ^^

    • ALOS-78 より:

      >RLAさん

      ようこそDAZの世界にいらっしゃいませ(笑)

      私も最初はリアルな絵を作りたい一心だったんですが、DAZが作り出すリアルな世界にすっかり嵌ってしまいました。
      あれこれとアイテムを買い込んで戻るに戻れなくなったというのもあるんですがw

      DAZは日本だと思ったよりユーザーが少ないようで、DAZ関係のブログとかも少ないので、RLAさんが来てくれたらDAZ界隈も盛り上がると思います。
      ハニセレもあるので無理にとは言いませんが、気が向いたらDAZも触ってみてください〜

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

髪の毛テスト

前回の記事で移植した自作髪型をご紹介しましたが、そのままでは板っぽい感じでした。。。
幸い、これまでに作った髪テクスチャで使えそうなものがあったので、いろいろと試しています。

自作髪作成メモ【カラーバリエーション編】

作成中の自作髪ですが、モーフの作成は一旦置いておいて、異なるカラーバリエーションの髪テクスチャを作成しました。
ベースの髪テクスチャをPhotoshopで色相や彩度を変えてます。

日本人キャラ Ryoko 誕生!!

日本人キャラを作成するための素材として、Growing Up Skin というアイテムが気になっていたんですが、30%OFFのセールをやっていたので購入しました。

Akiko for Mei Lin 7 を少しだけカスタマイズ

先日ですが、日本人のフィギュアが欲しかったので、「Akiko for Mei Lin 7」を購入しました。
Akikoさんはそのままでもけっこう美人なんですが、口や顎、頬の造形がちょっと気になったので、少しモーフを弄りました。

Ryoko を少しだけ修正

Ryoko の鼻の頭が丸いな~とか、ちょっと気なる部分があったので、少しばかり修正しました。