ALOSCOPE

DAZ Studioとか3DCGについてのブログです。DAZ Studioの使い方を覚えながら撮影した画像を掲載しています。

DAZ Studio

髪の毛テスト

投稿日:

前回の記事で移植した自作髪型をご紹介しましたが、そのままでは板っぽい感じでした。。。
幸い、これまでに作った髪テクスチャで使えそうなものがあったので、いろいろと試しています。

以前、こんな感じのアルファマップを作ったんですが、OpenGLではアルファ病の問題があって使えたものではありませんでした。

DAZ Studio ではアルファ病を気にしなくてよさそうなので、使ってみたところ、こんな感じになりました。


髪の密度が薄い部分があるため、部分的に多層構造にしてあります。
テストということで適当にやっているので、髪の薄い部分もありますが、調整してやれば良い感じになりそうな気がします。


なんとなく、往年のなっちを彷彿としました。
べつに誰かに似せているわけではなく、偶然の産物なんですけどね。

ではでは。

-DAZ Studio

執筆者:


  1. ryo より:

    いつも素晴らしい情報をありがとうございます。
    HoneySelectにハマっていたのですが、おかげさまで、僕もDAZ Studioをはじめました。
    というか、こんなソフトがあったんですね、、、

    今後ともよろしくお願いします。

    • ALOS-78 より:

      >ryoさん

      どうもはじめまして!
      DAZ Studioデビューおめでとうございます(^^)
      日本ではあまり知名度が高くないのかもしれませんね。
      DAZのユーザーはアメリカが中心で、日本人の割合はかなり少ないですし。

      操作に慣れるまではちょっと大変かもしれませんが、頑張っていきましょう。
      こちらこそ、よろしくお願いします〜

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

肌に光沢を出すためにシェーダーを調整

前回までの記事で掲載していた Ryoko ですが、肌がマットかな感じだったので、もう少し肌に艶というか光沢を出せないものかと思っていました。
シェーダーをいろいろと弄っていたら、肌に光沢を出す方法がある程度わかってきました。

Skin Builder 3 でメイクアップ

これまで、Rina や Reina に使っていたスキンは Skin Builder 3 で作成したものですが、ずっとすっぴん状態でした。
一度試しに化粧を施した状態のスキンを作ったこともあったのですが、あまり良い感じにできなかったので。。。

Ronya でライティングテスト

DAZ Studio はデフォルトでカメラライトがついているので、とくにライトを設置しなくてもけっこう綺麗にレンダリングできます。

Genesis 3 Female から日本人キャラを作成

自作髪型は引き続き修正中なんですが、並行して新しいオリジナルキャラを作成してます。
Ryokoのような複数キャラの合成ではなく、単一のベースフィギュアからモーフを弄って日本人の女の子キャラを誕生させるべく、モーフをいろいろと弄っておりました。

自作髪作成メモ【モーフ作成編】

作成中の自作髪ですが、DAZ Studio 上で思ったように反映されなかったりして、いろいろとハマッていたんですが、ようやくベースの髪型はほぼ完成したと言っていいでしょう。