ALOSCOPE

DAZ Studioとか3DCGについてのブログです。DAZ Studioの使い方を覚えながら撮影した画像を掲載しています。

DAZ Studio

オリジナル髪型作成

投稿日:

ここ何日かブログの更新が滞っていましたが、髪型を延々と触っておりました。
テクスチャのアルファマップを試行錯誤しながら作り直し、メッシュも全て作り直すことになりました。。。
最初は軽微な修正だけでいけるんじゃないかと思ってましたが、結局、一から作るのとあまり変わりませんでした。

髪型の造形は元のやつを基準にしてるので、同じような髪型ではあるんですが、ちょっと変わっています。
前髪の分け目も左右反対になってるので。。

まだ細かい修正が必要そうではあるんですが、大体出来たので一旦お披露目します。

ちなみに今のところ、ポリンゴン数は、6400くらいなので、けっこう少なめになってます。
これから修正でメッシュを増やしたとしても、そこまで滅茶苦茶には増えないと思うので、1~2万以内には収まるんじゃないでしょうか。

DAZ3Dなどで販売されている髪だとポリゴン数がもっと多くて、少ないものでも2万くらいで、多いのだと4~5万くらいになってます。
ちょっと古いのだと、逆に10万とかポリゴン数がかなり多いものがあったりするんですが、作り方の違いでしょうかね。

まあ今の私の作り方だと、一つの毛束のメッシュが大きめなので、もっとメッシュを細かく作った方がリアル感は増すのかもしれません。
シェープで動かすことを考えた場合、毛束は細くしておかないといけなさそうですし・・・・・・。

ポリゴン数が少ない方が軽いので、同じ見た目ならポリゴン数は少ない方がいいんですが、もうちょっとメッシュの数は増やしたほうがいいのかもしれません。
ポリンゴン数が少ないおかげで、レンダリングは短い時間で済みますけどね^^

とりあえず出来たこの髪形をベースに、シェープで動かせるようにしたり、もっとリアルな感じになるよう、また弄っていこうと思ってます。

ではでは。

-DAZ Studio

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自作髪をDAZ Studioに登録する方法

今までDAZ Studio にインポートした自作髪はシーンサブセットとして登録していたんですが、購入した髪型と同じように登録するにはどうしたらいいのか調べてみました。

簡易アニメーションテスト

長らく修正しておりましたReinaがほぼ完成しました。
ボディの方も軽くですが弄ってます。
見る角度とかライティングの加減で気になるところが出てきたりするんですが、まあきりがないので。。

Ryoko を少しだけ修正

Ryoko の鼻の頭が丸いな~とか、ちょっと気なる部分があったので、少しばかり修正しました。

Ronya でライティングテスト

DAZ Studio はデフォルトでカメラライトがついているので、とくにライトを設置しなくてもけっこう綺麗にレンダリングできます。

髪の毛テスト

前回の記事で移植した自作髪型をご紹介しましたが、そのままでは板っぽい感じでした。。。
幸い、これまでに作った髪テクスチャで使えそうなものがあったので、いろいろと試しています。