ALOSCOPE

DAZ Studioとか3DCGについてのブログです。DAZ Studioの使い方を覚えながら撮影した画像を掲載しています。

DAZ Studio

自作髪作成メモ【モーフ作成編】

投稿日:2017年7月9日 更新日:

作成中の自作髪ですが、DAZ Studio 上で思ったように反映されなかったりして、いろいろとハマッていたんですが、ようやくベースの髪型はほぼ完成したと言っていいでしょう。
テクスチャはまだ修正の余地はありますが、メッシュを増やしたりするのは一旦終わりということで。

今はモーフをいろいろと作っている段階で、ここからメッシュを増やすとモーフを全て作り直しになってしまうので、メッシュの増減が発生しないような修正のみにするつもりです。

それにしても、DAZ Studioのモーフローダープロはとても便利ですね。
カスタムモーフを作ることで、一つの髪型を様々なバリエーションの髪型に変化させることができるので。

ちなみにモーフの登録方法は以前の記事に書いてますので、そちらの記事を参照してください。
・「自作髪のモーフを作成


こちらの髪はカスタムモーフを適用していないデフォルトの状態です。


モーフを使ってこんな感じに髪型を変化させられます。


こちらは髪を風になびかせているイメージです。


髪を伸ばしてみたり、逆に髪を短くしたりできます。


パーマをかけたように髪のボリュームをコントロールすることもできます。


笑顔ばかりが続いたので、最後に、ちょっとクールな表情を作ってみました。

今のところカスタムモーフは10種類くらい作ってまして、上記の髪型はそれらのモーフを組み合わせて作ったものです。
もう少しカスタムモーフを増やして、あとはいくつかの髪色のマテリアルを作ったら完成って感じですかね。

ではでは。

-DAZ Studio

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

涙袋を作ったらキャラが可愛くなる??

平日はブログの更新が滞りがちですが、DAZ Studio での作業は続けておりまして、引き続きReinaを修正していました。

Genesis 3 Female から日本人キャラを作成

自作髪型は引き続き修正中なんですが、並行して新しいオリジナルキャラを作成してます。
Ryokoのような複数キャラの合成ではなく、単一のベースフィギュアからモーフを弄って日本人の女の子キャラを誕生させるべく、モーフをいろいろと弄っておりました。

自作髪作成メモ【カラーバリエーション編】

作成中の自作髪ですが、モーフの作成は一旦置いておいて、異なるカラーバリエーションの髪テクスチャを作成しました。
ベースの髪テクスチャをPhotoshopで色相や彩度を変えてます。

Ronya でライティングテスト

DAZ Studio はデフォルトでカメラライトがついているので、とくにライトを設置しなくてもけっこう綺麗にレンダリングできます。

複数のキャラを融合させてみたら……

Ronya を弄って日本人キャラを作るつもりだったんですが、他のキャラのモーフを混ぜ合わせてみたら、わりと簡単に良い感じのキャラが作れました。