ALOSCOPE

DAZ Studioとか3DCGについてのブログです。DAZ Studioの使い方を覚えながら撮影した画像を掲載しています。

DAZ Studio

自作髪作成メモ【モーフ作成編】

投稿日:2017年7月9日 更新日:

作成中の自作髪ですが、DAZ Studio 上で思ったように反映されなかったりして、いろいろとハマッていたんですが、ようやくベースの髪型はほぼ完成したと言っていいでしょう。
テクスチャはまだ修正の余地はありますが、メッシュを増やしたりするのは一旦終わりということで。

今はモーフをいろいろと作っている段階で、ここからメッシュを増やすとモーフを全て作り直しになってしまうので、メッシュの増減が発生しないような修正のみにするつもりです。

それにしても、DAZ Studioのモーフローダープロはとても便利ですね。
カスタムモーフを作ることで、一つの髪型を様々なバリエーションの髪型に変化させることができるので。

ちなみにモーフの登録方法は以前の記事に書いてますので、そちらの記事を参照してください。
・「自作髪のモーフを作成


こちらの髪はカスタムモーフを適用していないデフォルトの状態です。


モーフを使ってこんな感じに髪型を変化させられます。


こちらは髪を風になびかせているイメージです。


髪を伸ばしてみたり、逆に髪を短くしたりできます。


パーマをかけたように髪のボリュームをコントロールすることもできます。


笑顔ばかりが続いたので、最後に、ちょっとクールな表情を作ってみました。

今のところカスタムモーフは10種類くらい作ってまして、上記の髪型はそれらのモーフを組み合わせて作ったものです。
もう少しカスタムモーフを増やして、あとはいくつかの髪色のマテリアルを作ったら完成って感じですかね。

ではでは。

-DAZ Studio

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Ryoko をサンスカイライトで撮影

前回の記事でご紹介した Ryoko ですが、ライティングのせいか肌がマットな感じに見えたので、サンスカイライトで撮影してみました。

Skin Builder 3 でメイクアップ

これまで、Rina や Reina に使っていたスキンは Skin Builder 3 で作成したものですが、ずっとすっぴん状態でした。
一度試しに化粧を施した状態のスキンを作ったこともあったのですが、あまり良い感じにできなかったので。。。

背景スクリーンを使ってお手軽にレンダリング【配布あり】

DAZ Studio ではキャラのみのレンダリングしか殆どしておらず、背景は写真合成くらいしかしていませんでした。
そろそろ背景ありのシーンを作りたいなと思いつつも、背景用のアイテムはあまり持っておらず・・・・・・。

DAZ Studio はじめました

DAZ Studio を始めて知ったのは、半年ほど前だったかと思いますが、そのときはインストールしたものの、操作方法がイマイチわからず、アイテム毎に購入が必要でお金がかかりそうだったので、それからずっと放置しておりました。

Minami さんを買いました

久しくDAZを触っていなかったんですが、気になるフィギュアがあったので買ってしましました。
そのフィギュアというのは、Minami さんです。