ALOSCOPE

DAZ Studioとか3DCGについてのブログです。DAZ Studioの使い方を覚えながら撮影した画像を掲載しています。

DAZ Studio

自作髪作成メモ【カラーバリエーション編】

投稿日:

作成中の自作髪ですが、モーフの作成は一旦置いておいて、異なるカラーバリエーションの髪テクスチャを作成しました。
ベースの髪テクスチャをPhotoshopで色相や彩度を変えてます。

ただ、金髪のテクスチャだけは、なかなか自然な感じにできず、何度も修正してはDAZ Studioで確認という作業を繰り返してました。
今回はモデルとして、最近出番のなかったRyokoを使ってみました。


こちらがベースの髪色です。髪色はブラウンといったところでしょうか。
ちなみに自作モーフでセミロングのような感じにしてます。
比較のため、以下の画像は髪色だけ変えてレンダリングしています。


少し明るくしていますが、違いがあまりないかもしれません。
ライトブラウンのつもりで作ったんですが、もっと明るくして違いを出した方がいいかも。


こちらはダークブラウン。


こちらはブラック。あまりブラックすぎると違和感があったので、わずかにブラウンが入ってます。


最後にブロンド。この金髪がなかなか作れないでいました。
金髪だと髪色が明るいせいで、影の部分が目立ってしまい、髪型の粗が目立ってしまうという難点がありますね。。

そもそも日本人キャラに似合う髪型として作っているので、金髪はあまり使いどころがないかもしれません。
日本人顔に金髪っていうと、「きゃりーぱみゅぱみゅ」みたいな感じでしょうか。
そういうキャラを作りたい場合にはいいかもしれませんが。

これでだいたい必要なものは作り終えたので、あとはモーフを増やして細かい調整とかで終わりそうです。
なんとか三連休中には完成させたいですね。

ではでは。

-DAZ Studio

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

複数のキャラを融合させてみたら……

Ronya を弄って日本人キャラを作るつもりだったんですが、他のキャラのモーフを混ぜ合わせてみたら、わりと簡単に良い感じのキャラが作れました。

Skin Builder 3 for Genesis 3 Female(s) の使い方

「Skin Builder 3 for Genesis 3 Female(s) 」(以下「Skin Builder 3」)の使い方と、いろいろと試行錯誤した結果わかったことをメモとして残します。

Ronya でライティングテスト

DAZ Studio はデフォルトでカメラライトがついているので、とくにライトを設置しなくてもけっこう綺麗にレンダリングできます。

DAZ Studio に自作髪型を移植

このブログでご紹介した以外にも、いろいろと髪型を買ってるので、あえて自作する必要はなかったんですが、実はとあるゲームの髪型MODを自作したことがありまして……。
天川和香さんのブログで自作髪型に関する記事を読んでいたら、移植できそうな気がしてきたので、ちょっとチャンレンジしてみました。

V7ベースのキャラをAkikoさんのスキンにしたら

先日作ったVictoria 7 ベースのキャラに、Akikoさんのスキンを適用してみました。