ALOSCOPE

DAZ Studioとか3DCGについてのブログです。DAZ Studioの使い方を覚えながら撮影した画像を掲載しています。

DAZ Studio

Skin Builder 3 でスキンを試作中

投稿日:2017年7月16日 更新日:

オリジナルキャラ用のスキンを作りたくて、何日か前に「Skin Builder 3」を購入したんですが、すっかり沼にハマってしまいました。。。

3連休の内、2日間はスキン作成に時間を使ってしまい、自作髪の方はすっかり手付かずの状態になっています^^;

なかなか思うような肌が作れなくて……。

でもまあ、ある程度勝手がわかってきたので、あともう少しかなという気はします。

ちなみに、「Skin Builder 3」というのは、画面に沿って選択していくだけで、オリジナルのスキンが作れて、生成されたスキンは販売用にも使えるというものです。
作ったキャラクターを販売するにしても、スキンを用意することが難しいと感じていたので、この商品にとても魅力を感じていました。

ただ、値段もそれなりにするので、割引されているときにでも買おうと思っていたんですが、結局待ちきれずに買ってしまいました^^;

現在作成中のスキンですが、以下のような感じになっています。
いつぞやのシーンを使って、「Skin Builder 3」で作ったスキンに差し替えてレンダリングしています。

試行錯誤しながら何パターンも作成してるんですが、上の2枚と下の2枚は違うスキンを使っています。

「Growing Up Skin」と比べるとちょっと印象が変わりますね。
ただ、まだ「Growing Up Skin」の方が良いように感じるので、もう少し調整が必要そうです。

ではでは。

-DAZ Studio

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自作髪作成メモ【モーフ作成編】

作成中の自作髪ですが、DAZ Studio 上で思ったように反映されなかったりして、いろいろとハマッていたんですが、ようやくベースの髪型はほぼ完成したと言っていいでしょう。

Skin Builder 3 でメイクアップ

これまで、Rina や Reina に使っていたスキンは Skin Builder 3 で作成したものですが、ずっとすっぴん状態でした。
一度試しに化粧を施した状態のスキンを作ったこともあったのですが、あまり良い感じにできなかったので。。。

複数のキャラを融合させてみたら……

Ronya を弄って日本人キャラを作るつもりだったんですが、他のキャラのモーフを混ぜ合わせてみたら、わりと簡単に良い感じのキャラが作れました。

自作髪のモーフを作成

自作髪でモーフを作成する方法を調べてみたんですが、とくに見当たらず・・・・・・。
フィギュアの自作モーフの作成方法はわかっていたので、同じ方法でいけるか試してみたら、ちゃんと反映されました。

背景スクリーンを使ってお手軽にレンダリング【配布あり】

DAZ Studio ではキャラのみのレンダリングしか殆どしておらず、背景は写真合成くらいしかしていませんでした。
そろそろ背景ありのシーンを作りたいなと思いつつも、背景用のアイテムはあまり持っておらず・・・・・・。