ALOSCOPE

DAZ Studioとか3DCGについてのブログです。DAZ Studioの使い方を覚えながら撮影した画像を掲載しています。

Blender

背景スクリーンを使ってビーチを再現

投稿日:

前回の記事で紹介した背景スクリーンを使って、夏らしくビーチを再現して撮影してみました。

撮影現場は以下のような感じになってます。

素材サイトでダウンロードしたビーチの写真をスクリーンに貼り付けています。
下の砂浜の部分が足りなかったので、Photoshopで砂浜の部分を広くしています。

カメラの後ろと左側の傾斜した白板は光を反射させるために置いています。
ポイントライト1つと環境光を使っているんですが、ポイントライトを低い位置に置くと、どうしても背面に影が映りこんでしまうので、代わりに白板で光を反射させるようにしてます。

あ、今回は被写界深度を有効にして、背景がピンボケした状態になるように撮影しています。

DAZ Studio は背景用の素材を揃えるのにもお金がかかりますし、レンダリングにも時間がかかるようになりますが、この背景スクリーンを使えば背景用の画像さえ用意すれば、お手軽にそれらしい画像が出来るかと思います。

ちなみに今回使用したビーチの写真は、「写真AC」という素材サイトのものを使わせていただいています。

写真AC では、品質の良い画像が無料でダウンロードできますし、一日一回までとなりますが、高解像度サイズの画像が無料でダウンロード出来ます。

背景スクリーンのダウンロードと使い方は、以下の記事に掲載していますので、そちらを参照してください。

背景スクリーンを使ってお手軽にレンダリング【配布あり】

ではでは。

-Blender

執筆者:


  1. Nocky より:

    ご無沙汰してます。
    着々と進んでますね。
    そしてハニセレの経験が生かされてるw

    ではまた。

  2. ALOS-78 より:

    どうもどうも、ご無沙汰しております。
    はい、ハニセレでの経験は今このときのためだったと思ってます。
    いろいろと勉強させてもらいましたからね。
    ただ、ここ一週間ほどは顔の修正が思ったようにいかず、まさに泥沼状態で挫折しかかってました。。。
    でもなんとか、ひと段落ついたので、ほっと一息ついたとこです(^^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自作髪のモーフを作成

自作髪でモーフを作成する方法を調べてみたんですが、とくに見当たらず・・・・・・。
フィギュアの自作モーフの作成方法はわかっていたので、同じ方法でいけるか試してみたら、ちゃんと反映されました。

自作モーフをBlenderで作成する方法

更新が滞っておりましたが、ここ一週間ほどは顔の修正が思うようにいかず、延々と修正を繰り返しておりました。

Blender を使った髪型作成メモ

今回は備忘録がてら、髪型作成の方法を簡単にご紹介します。
私は髪型作成にBlenderを使用していますので、Blenderを使った場合の説明となります。