ALOSCOPE

DAZ Studioとか3DCGについてのブログです。DAZ Studioの使い方を覚えながら撮影した画像を掲載しています。

DAZ Studio

簡易アニメーションテスト

投稿日:

長らく修正しておりましたReina(正確には「Rina」です。詳細は後述)がほぼ完成しました。
ボディの方も軽くですが弄ってます。

ただ、見ようによっては修正前の方が良かった気もするので、これは Reina から派生して出来たキャラの Rina ということにします。

Reinaは、7/1の記事で初登場し、7/16の記事までの状態となります。(スキンはそれぞれ異なりますが……)
髪型が同じなのであまり見分けがつかないかとは思いますが、修正前の Reina の状態も捨て難いので。。。

紛らわしいですが、今回完成したのは Rina で、Reina の方はまた最低限の修正を加えて、別キャラとして完成させます。

ところで、一ヶ月ちょい前くらいにインストールしたiClone 7 体験版の試用期間が過ぎてしまいまして。。。
ろくに使わないまま試用期間が終わってしまい、とても勿体無いことをしてしまいました……^^;

自分で作ったキャラが動いているところを見てみたいと思ってたんですけどね。
まあ DAZ Studio にもアニメーションを作る機能はあるんですが、レンダリングにものすごく時間がかかってしまうので……。

そこでちょっとした思いつきなんですが、複数のレンダリング画像をフェードで切り替えてアニメーションっぽく見えるものを作りました。

方法としましては、表情の異なる5枚の画像をCSSのアニメーションプロパティを使って切り替えています。
通常のアニメーションですと、1秒間に何枚もの静止画を切り替えて動いているかのように見せるんですが、この簡易アニメーションでは表情の異なる画像がそれぞれあるだけで、中間の静止画がありません。

フェードで切り替えることによって、瞬時に切り替えるよりはアニメーションっぽく見えるっていうだけなんですけどね。
まあ表情だけだと動きとしては小さいのでアニメーションっぽく見えますが、動きが大きくなるとそういうわけにはいかない気がします。

この方法では動画のようなアニメーションを作ることは出来ませんが、簡単なゲームみたいなものなら作れるかもしれません。
セリフを表示して、選択肢によって表情が変わったり、ムフフな姿に変わったりとか。。。

まあそんなことを考えながら、もうちょっと綺麗にレンダリングできるようにライティングの練習をしたいと思ってます。

ではでは。

-DAZ Studio

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自作髪をDAZ Studioに登録する方法

今までDAZ Studio にインポートした自作髪はシーンサブセットとして登録していたんですが、購入した髪型と同じように登録するにはどうしたらいいのか調べてみました。

Akiko for Mei Lin 7 を少しだけカスタマイズ

先日ですが、日本人のフィギュアが欲しかったので、「Akiko for Mei Lin 7」を購入しました。
Akikoさんはそのままでもけっこう美人なんですが、口や顎、頬の造形がちょっと気になったので、少しモーフを弄りました。

Skin Builder 3 でスキンを試作中

オリジナルキャラ用のスキンを作りたくて、何日か前に「Skin Builder 3」を購入したんですが、すっかり沼にハマってしまいました。。。

肌に光沢を出すためにシェーダーを調整

前回までの記事で掲載していた Ryoko ですが、肌がマットかな感じだったので、もう少し肌に艶というか光沢を出せないものかと思っていました。
シェーダーをいろいろと弄っていたら、肌に光沢を出す方法がある程度わかってきました。

Ronya でライティングテスト

DAZ Studio はデフォルトでカメラライトがついているので、とくにライトを設置しなくてもけっこう綺麗にレンダリングできます。