ALOSCOPE

DAZ Studioとか3DCGについてのブログです。DAZ Studioの使い方を覚えながら撮影した画像を掲載しています。

DAZ Studio

Akiko for Mei Lin 7 を少しだけカスタマイズ

投稿日:2017年6月7日 更新日:

先日ですが、日本人のフィギュアが欲しかったので、「Akiko for Mei Lin 7」を購入しました。

Akikoさんはそのままでもけっこう美人なんですが、口や顎、頬の造形がちょっと気になったので、少しモーフを弄りました。
髪は例のごとく、「Toulouse Hair」をシェープで全体的に髪を長くして使ってます。

まず、3Delightでレンダリングしたのがこちら。

次に、Irayでレンダリングしたのがこちら。
ただ、目とスキンは3Delight用のままにしてます。

で、最後にIray用の目とスキンに変更して、Irayでレンダリングしたのがこちら。

比べてみるとけっこう違いますね。
3Delightも綺麗ですが、Irayだと本当にリアルになりますね~
ちなみに、Iray用のスキンにして3Delightでレンダリングすると、テカテカの金属質な肌になってしまったので、実用的ではなさそうです。

3Delightはものの数分でレンダリングが終わりましたが、Irayは15分以上はかかったかと思います。
Irayだと肌の質感が本物のようにリアルな感じになりますが、レンダリングに時間がかかりすぎるのがネックですね。
あと、グラボに負荷がかかっている感がハンパないです。(グラボのファンが回りっぱなしになるので・・・・・・)

もともと電源容量に余裕がないマシンでグラボを使っていることもあり、Irayで頻繁にレンダリングするとマシン(というかグラボ)の寿命を縮めそうな気がします^^;

今回使用したは以下のアイテムです。


Akiko for Mei Lin 7

「Akiko for Mei Lin 7」を使うには、「Mei Lin 7」という中国人っぽい女性のフィギュアが必要なので、そちらも同時に購入しました。


Mei Lin 7

ちなみに「Mei Lin 7」は50%OFFのセールでしたが、単品のやつを購入しました。
バンドルに含まれる髪型などのアイテムで魅力的なものがなかったので。。。

「Mei Lin 7」はそのままだと整った顔立ちではあるものの、美人とはちょっと言い難いんですが、日本人キャラを作るためのベースとしてはあった方がいいと思います。
あと、「Akiko for Mei Lin 7」を使うためには、「Genesis 3 Female Head Morphs」と「Genesis 3 Female Body Morphs」とも必要になってきます。


Genesis 3 Female Head Morphs


Genesis 3 Female Body Morphs

こちらは既に購入済みでしたので、今回購入したのは「Akiko for Mei Lin 7」と「Mei Lin 7」(50%OFF)の合計で40ドルくらいでした。
セールを利用しても、けっこう金食い虫ですね~^^;

ではでは。

-DAZ Studio

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

涙袋を作ったらキャラが可愛くなる??

平日はブログの更新が滞りがちですが、DAZ Studio での作業は続けておりまして、引き続きReinaを修正していました。

日本人キャラ Ryoko 誕生!!

日本人キャラを作成するための素材として、Growing Up Skin というアイテムが気になっていたんですが、30%OFFのセールをやっていたので購入しました。

自作モーフをBlenderで作成する方法

更新が滞っておりましたが、ここ一週間ほどは顔の修正が思うようにいかず、延々と修正を繰り返しておりました。

肌に光沢を出すためにシェーダーを調整

前回までの記事で掲載していた Ryoko ですが、肌がマットかな感じだったので、もう少し肌に艶というか光沢を出せないものかと思っていました。
シェーダーをいろいろと弄っていたら、肌に光沢を出す方法がある程度わかってきました。

オリジナル髪型作成

ここ何日かブログの更新が滞っていましたが、髪型を延々と触っておりました。
テクスチャのアルファマップを試行錯誤しながら作り直し、メッシュも全て作り直すことになりました。。。