ALOSCOPE

DAZ Studioとか3DCGについてのブログです。DAZ Studioの使い方を覚えながら撮影した画像を掲載しています。

DAZ Studio

新キャラで髪型あれこれ

投稿日:2017年8月8日 更新日:

Reina を修正して出来た新キャラである Rina ですが、自作髪以外は似合わないと思っていたんですが、そんなことはなかったみたいです。

それどころか、むしろ・・・・・・。
なんというか、自作髪にこだわり過ぎていたのかもしれません。

最近購入した髪もありますが、持っている髪形を使っていろいろと撮影してみました。

まずは、「Spring Hair」です。

「Spring Hair」はマテリアルがIray用ではないようなので、ちょこっとだけシェーダーを弄ってます。
カスタムモーフでスタイルをけっこう弄れるのが良いです。

次は、「Long Shag Hair」です。

Kobamaxさんのブログで紹介されていて気になってたんですが、安かったので購入してしまいました。(プラチナムクラブ加入で4.99$)
見ようによっては歌舞伎を彷彿とさせるような、かなりボリュームのある髪型ですが、これはこれで悪くないですね。

こちらは「Radiant Jaguar Hair」です。

こちらもマテリアルがIray用ではないため、質感がちょっとアレですが、髪型の造形としては良い感じですね。

こちらは Victoria 7 Pro Bundle を買ったときについてたものです。

あんまり似合わないと思ってたんですが、意外と良いかもしれません(^^)

こちらは「Super Sleeky Hair」です。

outoftouchさんの髪ですが、さすがにリアルさは群を抜いてますね。

最後は、「Ronya Hair」です。

やはり「Ronya Hair」が一番しっくりくる気がします。

これまでは自作髪一辺倒でしたが、髪型によって印象が全然変わってきますね〜
ライティングとか表情の付け方でもかなり変わるんですが、やはり髪は重要ですね。

とうことで、自作髪がなくても大丈夫そうなので、スキンのマテリアルを揃えればキャラとして販売はできそうです。

ちなみに、Reina もそうですが、Rina は日本人のつもりで作ったんですが、純粋な日本人といった感じではないですね。
外人っぽさが抜けないというか……。

なので、純粋な日本人ではなく、ハーフという設定にしておきます。
中途半端な気もしますが、芸能人にもハーフが多いですし、そもそも美人顔の特徴というのは、白人顔の特徴そのものだったりします。

純粋な日本人顔で、かつ美人を作るというのは難しいのかもしれませんが、次にキャラを作るときはそれに挑戦してみたいと思います。

ではでは。

-DAZ Studio

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自作髪作成メモ【モーフ作成編】

作成中の自作髪ですが、DAZ Studio 上で思ったように反映されなかったりして、いろいろとハマッていたんですが、ようやくベースの髪型はほぼ完成したと言っていいでしょう。

自作髪のモーフを作成

自作髪でモーフを作成する方法を調べてみたんですが、とくに見当たらず・・・・・・。
フィギュアの自作モーフの作成方法はわかっていたので、同じ方法でいけるか試してみたら、ちゃんと反映されました。

DAZ Studio に自作髪型を移植

このブログでご紹介した以外にも、いろいろと髪型を買ってるので、あえて自作する必要はなかったんですが、実はとあるゲームの髪型MODを自作したことがありまして……。
天川和香さんのブログで自作髪型に関する記事を読んでいたら、移植できそうな気がしてきたので、ちょっとチャンレンジしてみました。

自作モーフをBlenderで作成する方法

更新が滞っておりましたが、ここ一週間ほどは顔の修正が思うようにいかず、延々と修正を繰り返しておりました。

DAZ Studio はじめました

DAZ Studio を始めて知ったのは、半年ほど前だったかと思いますが、そのときはインストールしたものの、操作方法がイマイチわからず、アイテム毎に購入が必要でお金がかかりそうだったので、それからずっと放置しておりました。