ALOSCOPE

DAZ Studioとか3DCGについてのブログです。DAZ Studioの使い方を覚えながら撮影した画像を掲載しています。

DAZ Studio

Skin Builder 3 でメイクアップ

投稿日:

これまで、Rina や Reina に使っていたスキンは Skin Builder 3 で作成したものですが、ずっとすっぴん状態でした。
一度試しに化粧を施した状態のスキンを作ったこともあったのですが、あまり良い感じにできなかったので。。。

キャラを販売するとなれば、メイクアップしたスキンも必要になってくるかと思うので、この度、化粧に再挑戦することにしました。
ここ数日で何パターンかのスキンを作りました。

↓すっぴん状態

↓ちょっと濃い目のメイク

どうもアイラインが濃すぎたようで、なんというかギャルっぽい感じになってしまいました。

そう思って全体的にちょっと薄めのメイクにしてみたのがこちら。

もうひとつ薄めのメイクの別バージョン。

といった感じで化粧のありなし、濃さなどによって印象がかなり変わることがわかるかと思います。
最後の二枚の違いはちょっとわかりにくいですが。。。

以上のメイクアップしたスキンを使って、これまでに作ったシーンを再利用して何枚か撮影してみました。

こちらは濃い目の化粧。

以下は薄めの化粧。

髪型によって合う合わないはあるかと思いますが、全体的に化粧は薄めのほうがナチュラルメイクっぽくて良い感じに見える気がします。

一番重要になってくるのはアイラインの濃さでしょうか。
アイラインの濃さが少し違うだけでかなり印象が変わってくるので。

アイシャドウとの組み合わせでも目の印象が違ってくると思うので、もう少しいろいろと試してみたいと思ってます。

ではでは。

-DAZ Studio

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Ronya でライティングテスト

DAZ Studio はデフォルトでカメラライトがついているので、とくにライトを設置しなくてもけっこう綺麗にレンダリングできます。

日本人キャラ Ryoko 誕生!!

日本人キャラを作成するための素材として、Growing Up Skin というアイテムが気になっていたんですが、30%OFFのセールをやっていたので購入しました。

DAZ Studio に自作髪型を移植

このブログでご紹介した以外にも、いろいろと髪型を買ってるので、あえて自作する必要はなかったんですが、実はとあるゲームの髪型MODを自作したことがありまして……。
天川和香さんのブログで自作髪型に関する記事を読んでいたら、移植できそうな気がしてきたので、ちょっとチャンレンジしてみました。

Skin Builder 3 でスキンを試作中

オリジナルキャラ用のスキンを作りたくて、何日か前に「Skin Builder 3」を購入したんですが、すっかり沼にハマってしまいました。。。

簡易アニメーションテスト

長らく修正しておりましたReinaがほぼ完成しました。
ボディの方も軽くですが弄ってます。
見る角度とかライティングの加減で気になるところが出てきたりするんですが、まあきりがないので。。