ALOSCOPE

DAZ Studioとか3DCGについてのブログです。DAZ Studioの使い方を覚えながら撮影した画像を掲載しています。

DAZ Studio

Ronya でライティングテスト

投稿日:

DAZ Studio はデフォルトでカメラにライトがついているので、とくにライトを設置しなくてもけっこう綺麗にレンダリングできます。

なので、私もライティングのことはあまり考えずにそのままレンダリングしてたんですが、3DCGはライティングがかなり重要なので、そろそろライトの使い方を覚えないとな~っと思い、いろいろと試してみました。

これまでは600×800pxくらいのサイズでしかレンダリングしてなかったんですが、今回は少し大きめのサイズでレンダリングしてみました。
サイズに比例してレンダリング時間が長くなると思いきや、それほどでもなかったです。

以下の画像は、スポットライトを2つだけ使ってIrayでレンダリングしたものです。
ライトを増やすとレンダリングに時間がかかるので、とりあえず2つだけにしました^^;

サイズは1080×1920pxで、レンダリング時間は15分くらいでした。

肌の質感とかはリアルなんですが、目にハイライトが当たってくれませんでした。。。
何でかはよくわかりませんが・・・・・・。

以下の画像は、サンスカイライトのみで撮影したものです。

サイズは同じく1080×1920pxで、レンダリング時間は30分くらいでした。
こちらはちゃんと目にハイライトが当たってくれたので、目が生きている感じがします。

サンスカイライトの設定方法

簡単ですが、備忘録がてらサンスカイライトの設定方法をご紹介します。

「Render Settings」の「Environment Mode」を「Sun-Sky Only」にします。
これにより、シーンに設置したライトが無効になります。
(シーンにライトを設置していない場合でも、カメラのランプが点灯した状態になるので、サンスカイライトのみにするためには「Sun-Sky Only」を選択する必要があります。)


「Render Settings」の「Presets」タブにある「Sun Dial Set」をダブルクリックします。


「Scene」の「Sun Chain」を選択すると、「Parametars」で太陽の角度を調整できます。

サンスカイライトについては、他にも設定可能な項目がありますが、詳しいことはKotozoneさんの「操・活・解」というブログで詳しく解説されてますので、そちらを参照してください。
NVIDIA Irayレンダラー その2:サンスカイライト

今回使用した商品

今回使用した商品は、つい先日購入した「Ronya Bundle」です。
最初は髪型だけ買うつもりだったんですが、Ronya がとても良い感じの美人だったので、セールで40%OFFだったこともあり、「Ronya Bundle」の方を購入しました。

Ronya Bundle

Ronyaを弄って日本人っぽくしたら、かなり良い感じの美人が誕生するような気がしてます。
まあどうなるかわかりませんが、また出来たらご紹介します。

ではでは。

-DAZ Studio

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自作髪をDAZ Studioに登録する方法

今までDAZ Studio にインポートした自作髪はシーンサブセットとして登録していたんですが、購入した髪型と同じように登録するにはどうしたらいいのか調べてみました。

簡易アニメーションテスト

長らく修正しておりましたReinaがほぼ完成しました。
ボディの方も軽くですが弄ってます。
見る角度とかライティングの加減で気になるところが出てきたりするんですが、まあきりがないので。。

肌に光沢を出すためにシェーダーを調整

前回までの記事で掲載していた Ryoko ですが、肌がマットかな感じだったので、もう少し肌に艶というか光沢を出せないものかと思っていました。
シェーダーをいろいろと弄っていたら、肌に光沢を出す方法がある程度わかってきました。

Skin Builder 3 でメイクアップ

これまで、Rina や Reina に使っていたスキンは Skin Builder 3 で作成したものですが、ずっとすっぴん状態でした。
一度試しに化粧を施した状態のスキンを作ったこともあったのですが、あまり良い感じにできなかったので。。。

自作髪作成メモ【モーフ作成編】

作成中の自作髪ですが、DAZ Studio 上で思ったように反映されなかったりして、いろいろとハマッていたんですが、ようやくベースの髪型はほぼ完成したと言っていいでしょう。